猫と絵の田舎的暮らし+化物

百姓しながら猫三匹と暮らしております。気ままに絵などを描いたり日記のようなものを書いたりしております。 なお、絵は、ほとんどがPhotoshop Elements3.0によって描かれたものです。一日一絵を発表中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バトンはむぅきちさんへ

Q1:猫を飼うようになったきっかけは?
 →知り合いの家でたくさん生まれたから。
Q2:今までで1番すごいいたずらは何?
 →すごくはないですが、畑で仕事を始めると足元にまとわりついて困ります。
Q3:愛猫がしゃべったら、飼い主のことを、どう思っているか。
 →ぶん「帰った。めし。寝る。」もーも「帰った。めし。遊んでやる。めし。寝る。めし。寝る。」
Q4:ウチのコの食べてしまいたいくらいラブリーなポイントを教えてください
 →ぶん  腹が減っていると跳ねながら駆けてくる。
  もーも 声がかん高い
Q5:ある日、あなたの大切な猫ちゃんが、大富豪に見初められて、養子の申し込みを受けました。超・超・超お金持ちの方で、愛情たっぷり、生涯大切に面倒見てくれると言っています。さて、どうしましょう?
 →やっぱり「金額を聞いてから考える」ですね。
Q6:旅行に行くならどこに行きたいですか?
 →東京のマンションの18階くらいで富士山と高い煙突が見えるところ。

私からの質問 バトンはもちろん むぅきちさんに回ります。ご感想を
スポンサーサイト
  1. 2007/10/20(土) 07:07:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

風の言葉




いつも待っている
君の言葉を
耳に残っている
優しい声が

目を閉じてみる
見えないものが
はっきり見える
思いのままに


心配は 何もいらない
そこにはいつでも 花が咲いてる
虹の架かる この草原は
何時でも誰かに 愛されている
  
あなたが私を
忘れぬように
私もあなたを
忘れはしない
   
悲しい時は
悲しめばいい
でももう私は
泣いてはいません

出会いがあって
別れがあって
でもそれでもう お終いではなく
会いたい時には いつでも会えると
風の言葉に 耳を傾け  

優しい時も 激しい時も
風の言葉は ありのままに
会いたい時は いつでも会えると
風の言葉に 耳を傾け
  1. 2007/09/29(土) 08:05:29|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

秋風

カーテンの

揺らぎを見れば

秋風の

吹くを知りたる

目覚めなりけり


日中は残暑厳しいのですが、朝夕はだいぶ涼しくなってきました。
音もなく揺れるカーテンの向こうでもーもーさんの声がします。
相変わらず見かけとは正反対のかわいい声です。

もーもーさんは朝帰りの時は、誰かが扉を開けてくれるまでおとなしく
待っておりますが、ぶんぶんは、実力行使に出ます。
網戸によじ登る、窓に飛びつく、壁をがりがりひっかく、等々、、、。
自然と早起きになります。
moumo3.jpg

  1. 2007/09/23(日) 06:23:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

プロフィール

百姓です。 男です。 絵を描きます。 歌を作ります。

mitosama

Author:mitosama
当ページはリンク・TBフリーです。連絡いただければ相互リンク致します。あまりにも内容がかけ離れているリンク・TB については管理者の判断で削除することがあります。
当ページ内の画像・文章等の著作権は制作者

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。