猫と絵の田舎的暮らし+化物

百姓しながら猫三匹と暮らしております。気ままに絵などを描いたり日記のようなものを書いたりしております。 なお、絵は、ほとんどがPhotoshop Elements3.0によって描かれたものです。一日一絵を発表中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

化物見世開3

mikosi3.gif

無事百物語で若衆を脅かし終えた見越し入道は、思わぬお金を手に入れました。
「さあ、俺にも運が向いてきた」と言っている矢先今度は、隠れ里の雀の所から邪険婆にくれてやる葛籠の中に入ってくれないかと仕事の依頼が来ました。

これも給金はずむというので見越し入道は、これも快く引き受けました。今回はももん爺と連れ立っていくことになり、邪険婆が思い葛籠をつい帰り道で開けたところを見越し入道
「よう婆さん良い茶飲み友達になれそうだ、逃げるな逃げるな。そんなに驚くねぇ、俺たちゃ金で頼まれて脅かしてるだけだ。」
ももん爺は、
「噛むぞー噛むぞー」
邪険婆は、腰を抜かして
「ひゃ?、あのべらぼう雀がひどい目に合わせやがった。どうか命ばかりはお助け?」
最後にももん爺が
「のう見越し先生、もうこのくらいで良かろう。給金の分は充分脅かしてやったから。」


ここで婆さん驚いて我を失っておりますが、化け物二匹は、まったくいい加減な脅かし方です。と言うよりほとんど悪ふざけをしているだけで脅かしているとは言えないかもしれません。

ただここに江戸時代の人の化け物のとらえ方があるのかもしれません。ようするに基本的に化け物は人に危害を加える者ではなくただ脅かして楽しむ存在なのかもしれません。
もちろん中には人に危害を加えることが目的の化け物もおりますが。

もちろんこの話は舌切り雀のパロディーなのですが、考えてみるとこの葛籠を幾ら婆さんが力持ちでも一人で背負っていくことは不可能と思われます。
魔法のランプの魔神のようにむくむく出てきて大きくなるという方法も考えられますがそうすると大きな葛籠の意味が無くなってしまうし。
まあ、この辺りはあまり突っ込まずに話を楽しんだ方がよいでしょう。

今回見越し入道は、ももん爺という相棒を連れてきました。
「ももんが」とか「ももんじ」とかこれは、日本各地の化け物を指す幼児言葉だそうですが、それが一つの化け物として実体化したものと思われます。化け物の元祖みたいなものですが、見越し入道が化け物の親玉なので、親玉と元祖の二大巨匠の共演と言うことになりました。
でも何となくどちらも間抜け・・・。



スポンサーサイト
  1. 2007/10/30(火) 21:07:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

幽霊

yuurei.gif

幽霊は化け物であろうか。
幽霊と妖怪はどう違うのか。
まず、妖怪とは、明治になってから作られた言葉です。ですからそれ以前皆化け物と呼んでおりました。

次に幽霊。これは化け物の中に含めて考えていたようです。
基本的にあやかしの物、原因不明の怪異などが妖怪なのでしょうがそれが何の怪異と特定されると何々の化け物となるようで、死後この世に未練、恨みを持ってさまよう人の成す怪異を幽霊と言うようです。
人に起因する化け物と言っても良いかもしれません。
また、平安時代頃には恨みを持って死んだ人は天狗になるという話もあります。

一般的な化け物とは違って何か思いが強いためにある特定の人に害を為しますが、関係ない人には、何も悪さをしないのが一般的です。
そう言う意味では、幽霊に出会ってしまう人は(幽霊がほんとに存在すればですが)、100%その幽霊から何か訴えかけられていると言うことになります。
この辺りの話は、色々専門家と言われる方々が、霊にも位があるとか、死に方によってそのあり方が分類されるとか言いますが、あまり当てにならないと思っております。
死後の世界を宗教的にどう捉えるかだけでもそのあり方が行く通りにも分かれるものですから、特定の宗教の呪文などで、解決がつくというのはおかしな話です。

ただ無いものを有るとしてその人が抱えている問題を解決することが出来ないわけではありませんから、そう言う活動をする人たちすべてを否定するわけではありませんが。

また化け物とは言いますが中には化けないのに化け物という者もおります。この辺りはすでに江戸時代の草双紙の中で化けることが出来る化け物(狸や狐など)と化けることの出来ない化け物(見越し入道やろくろ首など)の争いが滑稽話として残っておりまして、「化けないのにお化けとはこれいかに」という発想がすでにあったようです。


  1. 2007/10/29(月) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

塗り仏

nuribotoke.gif

塗り仏には、二つの系統があります。一つは、仏壇を掃除しないと怒って出てくる物、もう一つは、狐や狸が化けて人を驚かす物。前者は、どちらかというと「だから仏壇は何時もきれいに掃除しておきなさい」と言う教訓めいた話のような気がします。
でもそう言うことを抜きにするとこの化け物は自分で仏壇の修理をしたりするので何ともけなげな気がします。目の玉が飛び出しているのですが何だか泣いているようにも見えます。
そう言えば赤塚不二夫氏の描く医者のキャラクターがこの面玉飛び出しですが、氏よりも数百年前にこういう発想をした人がいたわけですね。

一方狐狸が化けた物は、とにかく驚かすのが目的ですからこの絵などどちらかというとそちらの系統化も知れません。本来仏壇の中からぬっと出てきた姿で、いかにも驚いてくださいという格好だと思います。

最近は京極夏彦氏の功績でだいぶ化け物が世間に知れ渡るようになってきました。この塗り仏も彼の小説に取り上げられたため、化け物関係の本の帯にもその名前が宣伝として使われるようになりました。
  1. 2007/10/28(日) 05:54:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

うにかうる

unikauru.gif

「日下開山名人ぞろへ」と言う草双紙に載っている絵です。
実はこの本には、この「うにかうる」の捕まえ方が載っております。

うにかうるは水生生物らしく海岸に鉄の網をこしらえ中に魚をつるしておき、うにかうるが魚を食べに来たら網の裾をすぼめて捕まえるのだそうです。
捕まえたら生きているうちにその角を折りとるそうで、ようするに必要なのは角だけらしいです。
うにかうるの角で死んだ魚を撫でると生き返ると言われ人間にも煎じて用いれば生き返るという話です。
ようするに万能薬だと言うことですね。でもかんじんのうにかうるが想像上の生き物なのでその万能薬も実在しないわけですが。

この本は、他にも義経人形を見せるとモンゴル人が腰を抜かすと言う話が載っておりますが、これは、源義経が実は生き延び大陸にわたりジンギスカンになったという伝説をふまえております。
この本は推定ですが1600年代後半に発行された物でそのころすでに義経=ジンギスカン伝説が成立していたことにちょっと驚きました。

さてこの「うにかうる」たぶん皆さんのよく知っている生物だと思いますが答えは続きを読むへ
[うにかうる]の続きを読む
  1. 2007/10/26(金) 07:00:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

化物見世開(ばけものみせびらき)第二話

mikosi2.gif

見越し入道ははじめ化け物には生臭い風がつきものと、生臭い風発生装置を作りこれを売ってもうけようと考えました。
しかしそれは、あまりに生臭かったため、化け物達も鼻をつまんで逃げ出してしまいました。見越し入道も「これは生臭い、おいらも気分悪くなってきたわい」と言う始末。
結局田舎の化け物達は「これは入らぬモノ」とそっぽを向かれてしまいました。

生臭い風発生装置で大損をした見越し入道は、困ってしまいましたが、そこへ麓の化け狐がやってきました。
「見越し先生、実は今度村の若衆が百物語をやるというだが、わしらが最後に出て行っても、なんだ狐か狸じゃろと言うてちっとも驚いてもらえず、馬鹿にされるのが落ちなんじゃ。そこで今回は、先生とお弟子さん何人かつれて本物の化け物の恐ろしさを若衆に見せてやってもらえんじゃろか」
化け狐は、これでも化け物の端くれ、人前に出て行ってもちっとも驚かれず笑われてしまい、終いには「この辺りには狐や狸ばっかりで化け物らしい化け物が一匹もいやしない」と言われるのが口惜しいと訴えます。

「もちろん、先生とお弟子さん合わせてお給金出させていただきやす。」
「う?む。安いの?。でもまあいいか。よしその仕事引き受けやしょう。」?パチッパチッパチ?(算盤の音)
するとたばこ盆が「もうちっと出しなされ」

つづく・・・・と思う


この話からも、当時の江戸では、化け物は架空のものとして楽しむ存在になっていたことがわかります。「百物語をやったて、化け物など出るわけ無いだろう」というのが当時の人たちの感覚だったのではないでしょうか。

この絵の中に「ろうそく」は自分で火の大きさの調節をし「たばこ盆」は、見越し入道の変わりに狐に賃上げを要求します。前回引っ越しの時家財道具も皆自分の足で歩いて来るという話をしましたが、考えてみれば化け物の家は、現代の全自動の家の走りとも言えるのではないでしょうか。

豆腐小僧は今回お茶運び小僧になっています。
化け狐の着物には、くずし字で「こん」と書いてあります。こういった隠れた遊びが草双紙などの挿絵には多いです。ちなみに豆腐小僧の着物も紅葉豆腐を持っているので紅葉柄になっております。


原本の草双紙には、豆腐小僧とろうそくの化け物は描かれておりません。
百物語は、化け物話を一話するごと百本立てたろうそくのうちの一本を消し最後の一本を消した時本物の化け物が出ると言われております。

  1. 2007/10/25(木) 07:27:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

なんだか?

nanndaka.gif

何だか名前がわからない。
十返舎一九の原本の挿絵にも描かれていた化け物。
見たところ鼻が長く耳の形から象からの発想ではないかという気がする。あとは角を付ければできあがりという安易な発想ではないだろうか。
実際草双紙にはこの手の化け物が多い。もっとも名前はあとから付いてくるものでどうでも良いものだったのかもしれないが。
前の豆腐小僧も始めは、豆腐をせしめてきた大頭小僧が、読者の共感とともに定着していったのではないかという気もする。

化け物に名前を付けて分類すると言うことは、一つにはそれだけ化け物が世間に受けていたと言うことの表れではないだろうか。
発想としては現代の「ウルトラ怪獣図鑑」などと同じ発想なのだと思う。
  1. 2007/10/24(水) 07:49:19|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

豆腐小僧

touhu.gif

豆腐小僧は、民間伝承などには一切見あたらないそうである。つまり江戸時代に新しく作られた化け物のようである。
ただとても人気があったそうで色々な草双紙に登場するらしい。今で言えば、ポケットモンスターのピカチューのようなものか。

さてこの豆腐小僧何をするのかというと何もしない。ただ豆腐を持って歩いているだけである。水木しげる氏の説ではこの豆腐を食べると体中に黴が生えるとあるが、アダム・ガバット氏の研究では、人にはまったく危害を加えないとある。
姿もこの一つ目や、幼い子ども、不気味なもの可愛いものなど色々なバリエーションがある。
見越し入道とともに登場し、可愛い普通の子どもで描かれているものの説明には、「入道の孫、大頭小僧、豆腐屋を驚かして豆腐一丁せしめてくる」と解説されている。ここでは、豆腐小僧ではなく大頭小僧なのである。だが、その描かれた姿は豆腐小僧そのものである。

江戸時代の妖怪がには、鳥山石燕の「画図百鬼夜行」のように博物誌的図鑑と物語で構成される草双紙があるが、この絵は、後者のもの。
おそらく人気のある豆腐小僧に、新しく見越し入道の孫と言う意味を付け加えたものではないだろうか。

○○小僧というのは、他にも「お茶運び小僧」だとか、「酒買い小僧」だとかあるがどれもただの小間使いの化け物のようである。
なおお茶運び小僧は、現代にも残るお茶運びのカラクリ人形がそれらしい。あの人形は、お茶運び小僧をロボット化したものだというのである。
化け物が恐れるものから楽しむものに変化した江戸時代には、こうした多くの人工化け物が出回ったようである。

最後にこの豆腐小僧の豆腐であるが、必ず紅葉(もみじ)の絵が着いている紅葉豆腐と言うらしいがこれは、紅葉→こうよう→買うようのしゃれだという説がある。
  1. 2007/10/23(火) 06:13:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

化物見世開1

mikosi1.gif

「化け物の引っ越し」という話。
江戸時代には「野暮と化け物は箱根の先」ということわざが流行ったそうです。
実は、江戸時代は、現代とは化け物に対する考えがずいぶん違ったようで、あり得ないものという前提にかっこの悪い野暮な連中という認識でずいぶん笑いの種にされていたようです。

と言うわけで野暮=化け物と言うことで、ここでも都会(江戸)を追われた化け物達が箱根の先まで引っ越してきました。

真ん中にいる首の長いのが「見越し入道」と言い江戸時代は化け物の親玉とされておりました。その新居に多くの化け物が集まってきました。
化け物達は、家の古くささ、汚さ等に喜び、そしてまだしっかりしている壁ももう少したたき壊して見栄えよくしようなどと相談しております。

化け物の引っ越しは、気楽なもので家財道具もそれぞれ自分の足で歩いてくるので手間がないそうです。

一息つくと見越し入道は、「さて、こうして遊んでいてもしょうがあるめえ」と何か商売をはじめる算段をはじめました。
いったいどんな商売をはじめるのでしょうか。                    つづく・・・のか?

この話は、江戸時代の十返舎一九作の草双紙「化物見世開」という話です。挿し絵も入っておりますがこれに色を付けたら面白いかとちょっとやってみました。
化け物自体は、原作の絵とは、ちょっと登場人物(化物)が違いますがどれも江戸時代に書かれた化物の絵を参考にしております。




テーマ:怪談 - ジャンル:

  1. 2007/10/21(日) 22:30:42|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

バトンはむぅきちさんへ

Q1:猫を飼うようになったきっかけは?
 →知り合いの家でたくさん生まれたから。
Q2:今までで1番すごいいたずらは何?
 →すごくはないですが、畑で仕事を始めると足元にまとわりついて困ります。
Q3:愛猫がしゃべったら、飼い主のことを、どう思っているか。
 →ぶん「帰った。めし。寝る。」もーも「帰った。めし。遊んでやる。めし。寝る。めし。寝る。」
Q4:ウチのコの食べてしまいたいくらいラブリーなポイントを教えてください
 →ぶん  腹が減っていると跳ねながら駆けてくる。
  もーも 声がかん高い
Q5:ある日、あなたの大切な猫ちゃんが、大富豪に見初められて、養子の申し込みを受けました。超・超・超お金持ちの方で、愛情たっぷり、生涯大切に面倒見てくれると言っています。さて、どうしましょう?
 →やっぱり「金額を聞いてから考える」ですね。
Q6:旅行に行くならどこに行きたいですか?
 →東京のマンションの18階くらいで富士山と高い煙突が見えるところ。

私からの質問 バトンはもちろん むぅきちさんに回ります。ご感想を
  1. 2007/10/20(土) 07:07:18|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

自由律俳句





木の実がひとつ落ちた





  1. 2007/10/19(金) 05:31:13|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

良い天気

よい天気だね

本当朝からよい天気だね

でもカーテンを閉めているよ

哀しいね

音が消えてしまった世界に

隠れていた音が響き出す

太陽の光に音があったなんて

露のきらめきに音があったなんて


閉じこめられた部屋の中で


哀しみは哀しみたいから哀しいんだ

本当によい天気だね

よい天気だね
  1. 2007/10/18(木) 07:20:49|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

値上げ

色々なものが値上がりする

100円のものが150円になる

是はよい

いや許せる 値上げが出はない

値段は同じなのに量が少なくなる

是はだまされたような気がして許せない

  1. 2007/10/17(水) 07:26:42|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

どうぞお持ち帰りください

maruha.gif

ジャム&おかーたまどうぞお持ち帰りください。

また面白い画像がございましたら(無断で)お貸しください。(笑)
  1. 2007/10/16(火) 06:23:00|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

猫家紋一覧表2

kamon00b2.gif

旧家の蔵より新たに発見されし一覧表
とくとご覧あれ
見覚えのある家紋ありても偶然のなせるわざなり
この旧家にはまだ手つかずの所多々ありたれば
この先もぞくぞく新文献見つかるべく事疑わざるなり

本当は勝手に写真を参考にさせていただきたるもの多々あり
ひたすら感謝ならびにお許しあれ
  1. 2007/10/14(日) 07:20:12|
  2. 未分類
  3. | コメント:6

一刺し二

実は、一刺しには続きがありまして。
痛めてすぐに養生したので取りあえずは動けるようになったので
取りあえず配達には出たのですが、帰ってきてからのことです。
一月ほど前に町の検診を受けておりまして、ええ、そうなんです。
その結果が届いていたんですが、ひっかかってしまったんですよ。
何も無いことを確認して終わるこの年中行事に異変が・・・。

思えばいつもより少し封筒が厚かったですね。何となく違和感を感じたものです。まいったまいった。
すぐに専門病院で再検査してくださいとのことでして、受付病院の一覧表とか、受診確認のはがきとか、いろいろ入っておりまして。
しかし今更あるものを無いとするわけにもいかずまあ、どうしようもなかったですね。
え、ああ、そうですね、まだ何にひっかかっていたのかお話ししておりませんでしたね。
大腸癌です。の検査と言った方が正しいでしょうか。便から潜血反応が出たとのことです。

仕方ないのですぐに再検査に行きましたよ。内視鏡検査をすることになったのですが、それが昨日終わりました。
結果ですか?いくつかポリープが有ってそれを切除いたしました。
それが悪性か良性か判るのは、まだ十日ほど先なのですが、見たところ明らかに良性ですから心配ないでしょうとの事だったので一安心です。

まあ、その良性に見えるポリープの中にもわずかにガン細胞が見つかることもまれにはあるのでまだ完全に安心できるわけではないのですが、
まあ、その時はその時と言うことで。
大腸癌検査の検便にひっかかっても多くは良性ポリープや痔であったりするらしいですが、良性もほっておけば、悪性化することもあるらしく注意が必要です。
私の場合体質的にポリープが出来やすいらしく、これは、遺伝するものらしく親兄弟にそう言う人がいれば、出来やすい体質かもしれないと言うことらしいです、出来ることならば年に一度は内視鏡検査をした方が良い、と言われてしまいました。
でもあの検査案外痛いんですよね。

それにしても次から次えと色々体の変調が出てくるものです。
慣れたくないけれども病院にもずいぶん慣れました。

もう少しこの歌宣伝しておこう


  1. 2007/10/13(土) 07:14:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

猫家紋一覧表

kamon00.1.gif

あなたのうちの家紋はございましたか?え、有るわけ無い?
こりゃまたど?も
  1. 2007/10/06(土) 20:58:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:12

一刺し

昨日畑におりまして、ええ、もちろん足はまだ完全に良くなってはおりませんもので、
まあ、主治医からは、装具を付けていれば出来ることは何をしても言いと言うことなので、かばいながらですが、ちょっと畑のものを収穫したりしていたんですよ。

左足が悪いんですが、それをかばいながらって言うことは、ずいぶん他の色々なところに負担がかかるもので、ああ、まずいなと思っていたんです。

そうしたら突然ですよ。チクリと来たんです。いや、ピッシって感じでしょうか、何かものが剥がれるようなそれでいてすっと一瞬冷たいものが流れるような、、、え、あ、腰です、腰ですよ。

腰に来たんです。まいりましたね。動けませんでしたよ。魔女の一刺しってやつですか?ええ、ぎっくり腰の軽いやつだと思います。それから家までの遠いこと。普通なら5?60歩で帰れるところ2?30分くらいかかりましたよ。

それからはしばらく横になっていてまあ、今日はだいぶ楽になりましたが。しかし左足をかばい、腰をかばいで、何とも強靱な右足が愛おしくなりましたよ。もし今度右足が痛くなったらどうしましょうかね・・・。
  1. 2007/10/03(水) 07:06:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

雑話2

JOCの臨界事故が起きて今年で八年。事故のあった年も今年のように9月というのにやたら暑い年でした。事故当日、私は餌作りをしていて昼頃に夕立になりその雨の中びしょぬれになるのが気持ちよいくらい暑かった事を覚えております。

そんな日だったのでまったくテレビ・ラジオも聞かず次の日の朝ラジオを付けるまでまったくこの事故を知りませんでした。慌ててテレビを付けてみるとうちの地域も放射能汚染危険地域に指定されておりました。

その日は、東京へ配達の日だったので取りあえず出かけたのですが実は、現場から遠くなればなるほど騒ぎが大きくなっていることに気がつきました。
東京のお客さんは、現場の生の声(報道されない悲惨な真実みたいなもの)を期待して私に色々聞くのですが、「いやたいしたこと無いですよ」というとあきらかに「ぁ、嘘ついてる」と言う顔をしました。
実際、外国では、日本が壊滅したとか言って、今回の事故とは関係ない映像を流していたそうです。関西でおこなわれていた何かのスポーツの国際大会に参加していたどこかの国の選手団は、慌てて帰国してしまいました。

その後地元の人たちは、風評被害に苦しむことになります。東海村は、乾燥芋の産地でサツマイモが売れなくなってしまいましたが、それをもう一つの産地である静岡(だったと思う)の乾燥芋業者が安く買いたたいたと言う話です。
マスコミは真実の報道の義務があるなどといきがっているジャーナリストも見かけますが、報道は、かなり主観によってねじ曲げられていることが多いように思います。

何年か前ハワイ沖で日本の実習船とアメリカの潜水艦が衝突した事故がありましたが、この時森首相は、ゴルフをしていたと非難されました。
そしてにこにこ笑いながらゴルフをする映像が流れたのですが、それを見てみんな、こんな重大事に笑いながらゴルフに興じるとは何事かと言うことになったのですが、あの映像も事故当日の映像ではなく過去のものを流しておりました。真冬の事故なのに、森首相達は半袖でゴルフを楽しんでおりました。(ちなみに私は自民党が嫌いです)
JOCの臨界事故の時にもこういう事がありました。結局報道機関としては映像が欲しいのでしょうが無い時には、平気で関係ない似た映像を流すもののようです。

昨日から郵政が民営化されました。小泉氏が何度もニュースに出てきて「国民の皆様の総意の元に、、」と言うことを行っておりましたがようするにこの先郵便事業で問題が起きても「私が悪いのではない、国民の皆様の責任です」と言っているような気がしていて不快でした。
  1. 2007/10/02(火) 07:57:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

プロフィール

百姓です。 男です。 絵を描きます。 歌を作ります。

mitosama

Author:mitosama
当ページはリンク・TBフリーです。連絡いただければ相互リンク致します。あまりにも内容がかけ離れているリンク・TB については管理者の判断で削除することがあります。
当ページ内の画像・文章等の著作権は制作者

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。