猫と絵の田舎的暮らし+化物

百姓しながら猫三匹と暮らしております。気ままに絵などを描いたり日記のようなものを書いたりしております。 なお、絵は、ほとんどがPhotoshop Elements3.0によって描かれたものです。一日一絵を発表中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

入院7

1258787877787.jpg

病院から見た信濃川。


以前の記事はこちらにまとめました。

新潟の先生の話では、この手術はおよそ20%ぐらいの方が失敗するという話でした。要するに血管が詰まってしまい、また切り開いて血管を通す手術を何回も行わなければならないことがあると言うことです。でもうまくいけば、血の通った骨になるわけでそうなると感染症にも強いしまた骨の付きも良くなると言うことなので覚悟を決めました。

 今回は、はじめて全身麻酔でおこなうことになりました。手術時間が6時間の予定ですのでさすがに術中ずっと意識があると参ってしまいます。

しかしこの全身麻酔というやつは、一回瞬きしたらすべて終わっていたという感じで、うとうととしたかと思うと名前を呼ばれ「終わりましたよ」と言われやけに早いなと思ったらもう9時間半たっていました。

 こんな感じですから術中のことは、何も知りませんが話では、使おうとして予定していた血管が使えず新たにうち太もものあたりの血管を引っ張って使うことになり手術時間が予定より大幅に伸びたとのことでした。手術の経過は、左の患部を開いて洗浄し移植に備えるチームと、右足の血管と腓骨と皮膚を三点セットで切り取るチームと二手に分かれいわば二つの手術を同時に行ったようなものでした。そしてその最中も切ってはいけない神経や血管をよけるためにひたすら押さえ続ける先生などもいて何人で手術していたのか見当もつきません。



 しかし、おかげさまで手術はうまく終わりあとは、経過を見守る段階となりました。が、先にも書いたとおりこの手術は、術後の経過中にトラブルが一番発生するのでまだ気は抜けません。術後から一週間は、1時間おきに様子を見に来ます。その時同じ条件で比較しなければならないので毎回電気を着けるので睡眠不足になります。でも2?3日もすると慣れてきて案外平気になるものでした。

 また点滴も血管を固まりにくくする薬などを何種類か1週間切れ目無くおこない、中に痛い薬があって腕が腫れてきて大変でした。ですが、幸い経過は、とても良い状態できていると言うことなので、ようやくこれですべて終わるかなと少し安堵しました。



 こうして再手術することもなく予定の最短入院で退院できることになりました。その後は、また水戸に戻って入院して経過を見てと言うことになっておりましたが、経過がよいので水戸では再入院しなくて良いでしょうと言うことになり現在に至ります。

 今のところは感染症の再発の兆候もなく、ひたすら骨がくっつくのを待つ状態です。ですが腓骨という細い骨を移植しているのでこれが本当に強度を持って使えるようになるには、まだ一年ぐらいかかるらしいです。



読みにくい文章を長々と何ヶ月にもわたって書いてきましたが、読んでいただいた皆様ありがとうございました。




ランキングに参加しております。下のバナーを一日一回押してみてください。
にほんブログ村 猫ブログへfc2


スポンサーサイト
  1. 2006/05/30(火) 11:53:57|
  2. 未分類

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

プロフィール

百姓です。 男です。 絵を描きます。 歌を作ります。

mitosama

Author:mitosama
当ページはリンク・TBフリーです。連絡いただければ相互リンク致します。あまりにも内容がかけ離れているリンク・TB については管理者の判断で削除することがあります。
当ページ内の画像・文章等の著作権は制作者

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。